スタッフ

脚本・演出 児玉明子 Akiko Kodama

1997年、宝塚歌劇団演劇部に正式採用。1998年10月、劇団正式採用より異例の早さで「Endless Love」で、バウホールに作・演出デビューし、話題となる。宝塚大劇場作品は、2007年「シークレット・ハンター」などの他、漫画原作では2011年1月「メイちゃんの執事」などが好評を博す。2013年、宝塚歌劇団を退団。 2009年9月より一年間、文化庁の新進芸術家海外研修制度にて、カナダのケベック州・モントリオールへ演劇留学。演出家、ロベール・ルパージュの稽古場などで研修。海外での研鑽を積み、その演出技法は、ストーリーを的確に際立たせ、また、影絵やパペットなどを取り込み、視覚的にも多様な手法を取り込むことで定評がある。

宝塚歌劇以外の主な作品(脚本・演出)
2013年美内すずえ×ガラスの仮面劇場「女海賊ビアンカ」(AiiA Theater Tokyo、森ノ宮ピロティホール)
2014年Theatre de Yuhi(テアトル・ド・祐飛)「La Vie」(銀河劇場、シアター・ドラマシティ)
2016年「GOKU」(AiiA 2.5 Theater Tokyo)
ライブ・ファンタジー「FAIRY TAIL」(サンシャイン劇場)
2017年「デルフィニア戦記 第一章」(銀河劇場)

音楽 和田俊輔 Syunsuke Wada

独学で作曲を学び、大学在学中より本格的に音楽活動を開始。舞台音楽を中心に、ミュージカルや映像作品、アーティストへの楽曲提供等、数多くの音楽を手がける。ジャンルや国籍の枠をこえた幅広い世界観と柔軟な音楽性は、演出家やアーティストから絶大な信頼を寄せられている。また、自身がプロデュースする音楽ユニット「てらりすと」としても活動をしている。

主な作品
2015年舞台「嵐が丘」
2016年ミュージカル「バイオハザード」〜ヴォイス・オブ・ガイア〜
ミュージカル「黒執事」~NOAH’S ARK CIRCUS~
2017年ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“勝者と敗者” 
  • 原作:「NARUTO-ナルト-」岸本斉史(集英社 ジャンプ コミックス刊)
  • 脚本・演出:児玉明子
  • 音楽:和田俊輔
  • 美術:石原 敬
  • 照明:吉枝康幸
  • 音響:中島 聡
  • 映像:荒川ヒロキ
  • 殺陣:市瀬秀和
  • 振付:やまだしげき/八木絵巳子
  • 歌唱指導:カサノボー晃
  • 衣裳:西原梨恵
  • ヘアメイク:宮内宏明
  • 太鼓指導:東京打撃団
  • ビジュアルポイ指導:Yuta(ポイラボ)
  • 演出助手:伊達紀行
  • 舞台監督:井上 卓/須田桃李
  • 技術監督:堀 吉行
  • 宣伝美術:岡垣吏紗(Gene & Fred)
  • 宣伝写真:中村理生(Un.inc)
  • 票券協力:ローソンHMVエンタテイメント
  • 制作:ネルケプランニング
  • 公演イメージソング
    FLOW 「光追いかけて」(キューンミュージック)

協力:集英社(週刊『少年ジャンプ』編集部)/ 一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会  主催:ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会